臨床研修歯科医リポート
ブログ風通信から臨床研修医に関する記事を抜き出しました。
▶ ブログ風通信

記事一覧

2021年05月31日 (月) 17:57

研修医生活スタート!

アップロードファイル 386-1.jpg

 4月に始まった研修医生活も2ヶ月が経とうとしています。まだまだ不慣れな僕に対して、いろいろな指導医の先生方、衛生士さん、助手さんに時に優しく、時に厳しく教えて頂いたり、アドバイスをもらったり、発見と感謝の日々を過ごさせていただいております。                                      
                                         そして、いろんな方におすすめのうどん屋や温泉を教えてもらっては休みの日に行ったりしています。個人的には「歩」が今のところベストです。                                                        それと衝撃的だったのが、一人で高松の海沿いの散歩道を歩いていたら、『イノシシが海から上陸してくるからご注意ください!』という貼り紙があってビックリしました。この広い瀬戸内海を泳いで渡って来るのかと。出くわしたら大変ですね。皆様もご注意ください。                                                                研修医 西堀(岐阜県出身)

2020年08月31日 (月) 09:25

まだまだ夏真っ盛り

アップロードファイル 385-1.jpg

今年の夏は例年よりもさらに暑く感じられますね。
院内も感染対策として窓を開けて換気を行なっているので気付けばグローブの中が汗でびっしょりなんてことも。
みなさん体調は大丈夫でしょうか?

私は学生時代、教科書を開くのも拒みたくなるくらい"本"というものが苦手でした。
5分も文字を眺めていると頭が痛くなっていました。
しかし今年4月に研修医となり現場で様々な治療を見ていると、
いくつもの疑問や興味が湧いてきて、そのことに関する本を手に取るようになりました
(知識として吸収できているかは分かりませんが)。
読むのが遅いこともあって月に3,4冊程度ではありますが目を通すようにしています。
しかし、まだまだ己の無知さを痛感する日々です。
外出自粛が求められる今、みなさんもお気に入りの本を見つけてみてはいかがでしょうか。
しっかり水分補給をして暑い夏を乗り切りましょう。


研修医 中谷

2020年03月30日 (月) 17:10

研修医一年を振り返って

アップロードファイル 384-1.jpegアップロードファイル 384-2.jpeg

令和という新年号から始まった研修医としての一年がもうすぐ終わろうとしています。

この一年間を振り返り、本当に色々な方々に支えられ、助けていただき無事に研修医生活を終える事ができました。
今までに行った事のない土地での生活は不安でいっぱいでしたが、歯科医師としてのノウハウを学ぶにはこの大塚歯科医院での研修医生活は最適だったと思っています。

2年目も大塚歯科で学ばせてもらうことになりましたのでより一層学んで行きたいと思っております。


研修医 川元

2020年02月29日 (土) 16:04

研修期間残り1か月

川元先生が研修医として大塚歯科医院にきて10か月が経ちました。

その間にも、診療室では色々な最新設備を導入し、日々進歩する医療技術に対応すべく奮闘しておられました。
技術だけでなく、持ち前の人柄の良さで色々な先輩方に指導をあおられていました。

また、大塚歯科医院では訪問診療にも力を入れております。川元先生は週に1度施設へ訪問し、高齢者や通院が難しい方の口腔ケアや治療を行なっています。

訪問診療へのニーズが高まる中、これからの未来を担う歯科医師には様々な経験を積んでいただき、優心会ではその環境を整えるべく、バックアップして参ります。

投稿者 K

2020年01月21日 (火) 13:45

1年間の研修の先生と過ごして

アップロードファイル 382-1.jpg

年が明けて、令和になって初めての一月です。
日々の仕事に追われ、時間に流され自分を見失いがちですが、
そのような中でも、今年も修医の先生は、診療、院内事項、共に働く仲間との濃い時間を積み重ねることで、たくましく成長を続けています。
きっと春には、大倫の花を咲かせることでしょう。
最初から報われるような努力など存在しません。
困難に対して、何回も打ちのめされ、その中の偶然と幸運により成功したとき、はじめて報われると考えます。
インターネット,AI,というパンドラの箱を人類が開いてから、人々は、時代の流れ、技術の進歩がもの凄く速くなったと口をそろえて言っています。
自分が研修医だった頃に比べて、今の研修医は、習得すべきことが進歩、多様化した事により、努力が実を結ぶまでの短縮化が求められるようになっているのが世の実情だと思います。そのような中でも、一人一人mp個性を尊重する優心会において、彼も立派な大塚モザイクの一部として共存共鳴していく事を願っています。


支援課 T

2019年12月16日 (月) 10:23

研修医1年生の想い

12月年の瀬を迎え、今年も残すところあとわずかとなりました。

平成から令和へと歴史の転換点を迎えた今年、振り返ると私自身も大きな変化があった一年でした。

歯科医師人生としての第一歩を踏み出した大塚歯科医院では、多くの『人』との出会いがありました。
数々の先生方からのご指導、感謝致します。

指導医の先生方の技術を肌で感じ、臨床でしか学べない事も多数あり、私にとって大きな経験となりました。

これからの歯科医師人生において患者様から信頼を寄せていただける歯科医師になれるよう、その為に残りの研修医期間これまで以上に有意義な時間になるよう、日々精進して参ります。


研修医 川元

2019年11月21日 (木) 10:00

還暦野球チーム

アップロードファイル 380-1.jpg

誰もが最初からパーフェクトにできることはなく、経験と努力、そして周りの環境がその人を成長させるのでないでしょうか。
徳島大学歯学部がある蔵本町から車を10分走らせると国府町があります。
この街に還暦野球チームがあり、全国3連覇の実力を誇ります。
実はこのチーム、数年前までは目立った成績もあげられない普通のチームでした。
しかし「エラーした選手を貶めるのではなく、励まそう」とチーム内で意識を共有した結果、試合や練習が楽しくなり、野球の技術もめきめき上達。
全国制覇を成し遂げるチームにまで成長しました。
これは、どの分野においても通ずるところがあります。
我々の歯科医院では大学を卒業して間もない研修医が在籍しています。
指導医という立場に驕ることなく、チームとして若いドクターの成長を手助けしていける環境作りが重要と考えます。
チーム優心会、一丸となってサポートして参ります。


投稿者 髙松

2019年10月26日 (土) 10:10

新人歯科医師の教育について

アップロードファイル 379-1.jpg

現在、当医院の外来にて週一回の研修医指導をさせて頂いています。
私は、今年で歯科医師歴11年目になり数々の後輩歯科医師を育ててきました。
今回、大塚歯科の舞台で同い年の研修医に出会ったことで公私共に多くの衝撃を受けつつ、お互いに切磋琢磨をして成長しています。
研修歯科医師の川元潤一郎先生は、とても辛抱強く大変温厚な先生です。
幾分、自分と違って高身長の為、診療の煩わしさが見て取れますが持ち前のソフトな喋り口調で患者さんからの信頼も厚い先生です。今後の川元先生の活躍を心より期待しています。
歯科臨床において技術や知識も大切ですが、その先生の人柄や患者さんへの気配り、思いやりの精神が如実に患者さん評価に反映されます。
自分の研修医時代を思い返し、初心を忘れることなく日々の臨床教育に邁進していきたいと思います。

   
歯科医師 芳地 浩彰                      

2019年09月30日 (月) 16:15

研修医として

4月に始まった研修医生活も半年を過ぎて折り返しを迎えました。 

研修医を自分の大学病院でやるという選択肢もありましたがここで日々いろんなことを勉強出来てほんとに大塚歯科医院で研修できてよかったと思っています。  

技術はもちろん医療人として振る舞いなど、ほんとに多くのことをここで学んで少しでも、
患者さんに信頼される歯科医になれるよう残り半年頑張って行きます。

研修医 川元 潤一郎

2019年08月30日 (金) 11:31

私の研修医時代

アップロードファイル 377-1.png

お天気がすっきりしない日々が続いていますね。

さて、先週私用で研修医時代の同期と久しぶりに会いました。
研修医時代に苦楽を共にした、気の置けない同期との話しはやはりいいですね。
とても気分転換になりました。

私の研修医時代の指導医は、とても厳しく毎日のように怒られました(笑)
特に、歯科医師としての責任、態度など基本的な姿勢に対してたくさん指導を
していただきました。
今、振り返ると本当に大切なことを教えていただき感謝をしています。

さて、本院では研修医の川元先生が研修されています。
大塚歯科医院には、多くの指導医がいらっしゃるので学ぶことが沢山あると思います。
一日一日を大切にし、コツコツと頑張ってください。


診療課Y