訪問診療で嚥下内視鏡検査を致します。

内視鏡で食事の飲み込み状態を確認して、安全に口から食べ、飲み込むための観察・評価を行えます。

嚥下内視鏡検査

鼻の穴から細い内視鏡を挿入し、喉の様子をモニターに映した状態で食事をし、飲み込み状態を確認する検査です。
この検査では、普段の食事を再現しての検査が可能です。
口から喉に流れてきた食物の状態(どのくらい咀嚼できているのか、唾液と混ぜ合わさっているのか)を実際に映像で確認することができるので、普段の食事の姿勢、食物の形態、一口量などを評価することができます。
また、映像では気管の入り口も確認できるので、誤って食事が気管の中に入って誤嚥の有無も確認することができます。


携帯耳鼻咽喉ファイバースコープ